お客様の声

松山市北条辻・U様邸/間取り変更を耐震補強と同時に

実家に1人で住んでいる母と一緒に暮らすため、定年を機に東京から転居。

1階の部屋がもう一つ欲しかったので、車庫部分を洋室にするついでに、耐震補強を相談。

補助金を使えるということで負担が軽くなったため、キッチンや玄関ドアもリフォーム。

from Staff

補助金の申込に手間取り、お待たせしてしまったことは大変ご迷惑をおかけしました。

しかし、工事については概ねご満足いただけて、私どもスタッフは、ひと安心です。

松山市吉藤・N様邸/ダブル補助金活用で耐震+水まわりもキレイに

松山市のリフォームと耐震の補助金を使えると聞いて、当初は諦めていた部分も、一緒にリフォームできて本当によかったです。

約150万円の補助金が戻ってきたので、負担が軽くなりました。

浴室、キッチン、トイレ、洗面化粧台の水まわりが、すべてきれいになったのと、和室をリビングとして使えるようになって、とても快適です。

from Staff

平成27年の秋からプランを一緒に考えており、補助金を活用するため、翌年度まで工事を待っていただきました。

松山市で耐震とリフォームの補助金を申請する準備を進めていたら、熊本地震が起こり、耐震の相談が殺到する中、早くから書類の準備をしていたおかげで、無事にダブルで補助金を活用することができ、仕上がりだけでなく、価格においても、お客様に大変喜んでいただきました。

松山市吉藤・N様邸/補助金を使って耐震工事できました

実家近くで売られていた中古住宅をリフォームして住むのに、耐震工事を頼めるお店はないか探していました。

相談してみると、地下部分に車庫がある家でしたが、愛媛県から耐震工事の補助が出るということなので、その申請も一緒にお願いしました。

どの業者でも補助を使って工事をできるわけではないことを聞き、不安だった構造も基準を満たすことができて、しかも補助金が114万円出て、費用を抑えられてよかったです。

from Staff

売主の不動産会社がリフォームした後に引き渡しするのに、耐震改修工事だけは買主の方で業者を探してほしい、とのことでご依頼を受けました。

耐震診断や設計・改修工事に、自治体から補助が出ることをご存知なかったので、実質的な自己負担が100万円以上すると思われている方が多いようなので、昭和56年よりも前の「旧耐震」、後の「新耐震」の家のどちらにも、活用できる補助金を当店が申請手続きを含めて対応できることを、しっかりお伝えしていこうと思います。(家高)

ページトップへ戻る